Taxi world

30代で転職
タクシー業界で自由に働く

30代は人生の分岐点

ふつうの会社員の場合、20代新卒で入社してから数年は、同期入社の給料はほぼ横並び、成績に応じて多少の差が出てくるというのが一般的と言えます。しかし、30歳を過ぎると同期とも差が見え始め、役職に就く者も出てくるなど、出世争いが本格化してきます。しかも、30歳前後というのはキャリアアップ・年収アップを目指して転職する方も市場に増え始める時期であり、同期だけでなく中途入社してきた社員とも競争をしなければならないサバイバル時代に突入します。まさに30代は、今の会社に残って出世できるか、他の会社に転職して新たなチャンスをつかむか、人生最大の分岐点と言えます。

30代の転職先としておすすめできる理由

30代で転職を考えたとき、次も会社員というレールの上を歩きますか?
それとも、タクシードライバーという新たな道を走りますか?
一度きりの人生、主役はあなた自身です。タクシー業界で自由に働くという選択肢を
ここでご紹介します。

CHANGE

理由1_上司の目を
気にしないで済む

一般的な会社で出世するには、実は人間関係も重要な要素になってきます。いかに成績優秀でも、その会社に合った働き方ができなければ、スタンドプレーと見なされ正当に評価されなかったり、上司に気に入られなければ、上に引っ張ってもらうこともままならない、まさにしがらみに縛られた社会と言えます。その点、タクシードライバーは完全実力主義、自分との戦いです。仕事の成果は、どれだけ稼げたかという数字がすべてですので、上司の目というものを気にする必要がありません。あなたの仕事ぶりを評価するのはお客様であり、上司ではないのです。

理由2_頑張ったら頑張った分
だけ評価される

頑張ったら頑張った分だけ給料に反映されるわかりやすい給与体系。しかも、乗務中は基本的に一人なので、上司からのパワハラもないストレスフリーな環境、それがタクシー業界です。もし、今の会社で理不尽な思いを感じているのであれば、「手に職」をつけて実力主義で勝負できるタクシードライバーに転職してみてはどうでしょう。

理由3_将来的には個人
タクシーとして独立する道も

タクシードライバーは、経験がものをいう仕事なので長く続けるほど有利です。そのため、転職先として飛び込むなら早いに越したことはありません。30代は働き盛りなので、実力次第で稼げるタクシードライバーに転職するにはぴったりの世代と言えます。また、将来的には個人タクシーとして独立することも夢ではありません。ただし、個人タクシーとして独立するには開業資金も必要になりますし、40歳未満の場合、ドライバーとして10年以上勤務した経験が最低条件となりますので、まずはタクシー会社に所属して、開業資金を貯めながら、経験を積むことをおすすめします。

頑張ったら頑張った分だけ、自分自身に結果が返ってくる。余計なしがらみを気にしなくて済むのがタクシードライバーの魅力です。
もしこの先、自分の実力で勝負し続けたいのなら、30代のうちにチャレンジしてみてはどうでしょう。